スポンサーサイト

  • 2010.05.29 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


脳卒中地域連携パス、標準化へ―東京都(医療介護CBニュース)

 東京都の脳卒中医療連携協議会(座長=有賀徹昭和大学病院副院長)は3月24日、来年度に脳卒中地域連携パスの関係者らを集めたワーキンググループ(部会)を設置することを決めた。脳卒中地域連携パスごとに定めている症状の評価法などについて、より広い地域で活用できるよう標準化することを目的としている。

 ワーキンググループには、各パスの関係者のほか、脳卒中医療連携協議会の委員も参加する予定。同協議会や、各パスに参画する医療関係者が情報交換などを行う「パス合同会議」で出た意見を基に、共有する患者情報や症状の評価法などについて再検討し、標準化を目指す。来年度内には一定の結論を出す方針だという。

 現在、都内には、急性期医療機関と回復期医療機関、維持期医療機関が連携して脳卒中患者を治療する脳卒中地域連携パスが、10余り存在する。ただ、共有する患者情報の内容や回復度の評価法が、それぞれ異なっていることから、パスの枠を超えた連携が難しいなどの問題点が指摘されていた。

■搬送中に85%を「脳卒中の疑いあり」と判断―救急隊員

 同日の協議会では、都内の脳卒中急性期医療機関や2次救急医療機関、東京消防庁や稲城市消防本部、東久留米市消防本部の救急隊を対象に実施された「脳卒中救急搬送体制に係る調査結果」の速報値も発表された。それによると、今年2月22日午前8時半から3月1日午前8時半までの間に救急搬送された脳卒中患者は418人いたが、その85%に当たる357人は、搬送中に救急隊員が「脳卒中の疑いあり」と判断していた。

 また、発症時間が明確な231人のうち、後遺症や症状悪化を防ぐ目安とされる「発症から3時間未満」に119番通報していたのは169人。一方、1日以上経過してから通報した患者は11人。中には発症後、3日以上経過してから通報した例もあったという。


【関連記事】
脳卒中急性期病院の認定基準を決定―東京都
脳卒中連携搬送、受け入れネットワーク構築へ―東京都
脳卒中連携搬送に向け議論開始―東京都
脳卒中連携搬送、患者の行き場は?
都が脳卒中連携搬送、来年3月開始へ

自治会、PTA…緊急時に備え 名簿づくり“お墨付き” 箕面市条例あす成立へ(産経新聞)
自民府議団3人離脱 分裂3度目 橋下知事に賛同(産経新聞)
旭山動物園を全国一に…小菅名誉園長退任へ(読売新聞)
<福知山線脱線事故>遺族らJR西に一律賠償金を要求へ(毎日新聞)
<人事>最高裁(毎日新聞)

強風 足場が倒壊、けが人はなし 京都の阪神高速建設現場(毎日新聞)

 21日午前3時55分ごろ、京都市南区上鳥羽南鉾立町の阪神高速京都線建設現場で、橋脚を囲む金属パイプ製の足場(高さ約20メートル)2基が崩れた。強風が原因と見られ、うち1基がそばの電柱に寄りかかり、周辺約200世帯が最大4時間半停電した。

 京都府警南署の調べでは、けが人や交通への影響はなかった。

 京都地方気象台によると、京都市内でほぼ同時刻に15.1メートルの最大瞬間風速を観測するなど、20日夜から21日明け方にかけて強風が吹いていた。【木下武、熊谷豪】

【関連ニュース】
野焼き3人死亡:突然の逆風、炎襲う…直前の風速16m
バックネット倒れる:母子下敷き、重傷 強風で 神奈川
鶴岡八幡宮:大銀杏倒れる…樹齢千年、実朝暗殺の舞台
強風:21日夕にかけて20メートル超す風も
天気:降雪、強風で交通機関乱れる

人殺到、不調訴え=東京・原宿の竹下通り(時事通信)
大阪−奈良間 近鉄の臨時イベント列車「文楽列車」運行(産経新聞)
「177」が10時間更新されず=気象庁の誤配信原因、陳謝(時事通信)
生方氏が小沢氏に要望 「倫理委員会開催を」(産経新聞)
国家公安委員長、議員宿舎キーを女性に貸与報道(読売新聞)

国宝馬具、18年ぶり里帰り=奈良県斑鳩町〔地域〕(時事通信)

 1985年に豪華な副葬品の大量出土で全国的に有名となった国の史跡・藤ノ木古墳(奈良県斑鳩町)。中でもとりわけ注目を集めた馬具「金銅製鞍金具」(国宝)が、「斑鳩文化財センター」で公開されている。地元での展示は18年ぶり。
 展示されているのは、同古墳の出土品(約3万点、いずれも国宝)のうち、金銅製鞍金具(前輪と後輪)、金銅製辻金具など62点とレプリカなど計87点。普段は県立橿原考古学研究所付属博物館(奈良県橿原市)が保管・展示しており、金銅製鞍金具は同町では92年4月に4日間特別公開されただけだった。
 同センターは、同古墳や斑鳩の歴史文化の紹介・情報発信施設として20日にオープン。小城利重町長は「多くの人に藤ノ木古墳をはじめとした斑鳩町の素晴らしさを認識してほしい」と話している。国宝展示は28日まで。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕城下町の個人宅70軒がひな人形を公開=兵庫県たつの市
〔地域の情報〕「おやきを食す日」制定=長野
〔地域の情報〕拉致市川さん父「110歳まで生きる」=鹿児島
〔地域の情報〕区営リゾートホテルをリニューアル=東京都江戸川区
〔地域の情報〕珍品種に「容保桜」と命名=京都

「民主党に物が言えるのは私だけ」−日医会長選、原中候補が主張(医療介護CBニュース)
国松元警察庁長官銃撃、未解決で捜査を終結(読売新聞)
<伊勢湾フェリー>9月末で廃止 利用客が激減(毎日新聞)
男性教授を停職6カ月=学生の受講拒否−静岡大(時事通信)
幹部公務員83人が退職勧奨に応じる 鳩山政権発足後今月12日までに(産経新聞)

業過致死容疑で工場長ら書類送検へ 姫路エレベーター事故(産経新聞)

 兵庫県姫路市の食品製造業「オガワ食品協業組合」の工場で昨年2月、女性従業員=当時(57)=が荷物用エレベーターのかごと壁の間に挟まれ死亡した事故で、県警が業務上過失致死容疑で同社の工場長(55)ら3人を来週にも書類送検する方針を固めたことが17日、捜査関係者への取材でわかった。

 ほかに書類送検するのは、副工場長と第3工場主任。副工場長と工場主任は容疑を認めているが、工場長は「不具合があるとは知らなかった」と否認しているという。

 捜査関係者によると、工場長はエレベーターに不具合があることを知りながら点検や修理を指示せず、副工場長は、工場主任に対し使用禁止など事故を防止する措置を取らせなかった疑いがもたれている。

 また、工場主任は事故2日前に扉が開いたままになるトラブルがあったが、副工場長に報告しなかったとされる。

【関連記事】
エスカレーター歩行は「危険」 駅など注意呼びかけ広がる
エレベーターで2時間閉じこめ、消防隊が9人救助 市ケ谷駅
9人が2時間閉じ込め 地下鉄駅のエレベーター
世界最高速のエレベーター実験 日立、高さ世界一の研究塔を建設
エレベーターに押しつぶされる? ビル工事現場で作業員死亡
20年後、日本はありますか?

B型肝炎訴訟で閣僚会議=国家戦略担当相が窓口(時事通信)
エベレスト登頂ネット中継へ  登山家・栗城「みんなで夢を共有したい」(産経新聞)
<気象庁>チリ津波「過大」発言…長官は「おわび不要」(毎日新聞)
六代目円楽さんが32年ぶりの寄席=東京・末広亭で襲名披露(時事通信)
<点字ブロック>発祥地・岡山市に記念モニュメントが完成(毎日新聞)

霊能力者と信者を殺人と放火などで起訴、大阪地検(産経新聞)

 訪問介護を受けていた女性=当時(92)=が薬物を投与され殺害された事件で、大阪地検は17日、殺人と現住建造物等放火などの罪で、自称霊能力者で指示役の寺谷均美(53)と元介護士で実行役の田向啓子(53)の両容疑者を起訴した。

 起訴状によると、田向被告は寺谷被告の指示を受け、平成19年4月3日夜、大阪市西成区の女性宅で、女性に多量の精神安定剤を投与し衰弱させ、5月2〜18日に睡眠導入剤を投与したり、インスリンを注射したりして、27日に肺炎で死亡させた。

 また、20年5月25日には同住宅に侵入し、現金4万2千円のほか、記念メダルなど約45点を盗んだ上、布団にライターで放火し、半焼させたとしている。

【関連記事】
殺人容疑の信者供述「インスリン、霊能力者が家族から」 霊能力者事件
自称霊能力者と信者の女を殺人と殺人未遂容疑で再逮捕 大阪府警
有名「霊能力者」らを提訴 「悪質な霊感商法」と原告
「教祖」の女、信者に窃盗させ再逮捕
【衝撃事件の核心】放火を“予言”してお布施要求 信者をあやつった女霊能力者

自民・松浪氏、「確認書は偽物」 小沢氏側の不動産取引で挑発(産経新聞)
彬子さまが米国へ出張(時事通信)
<八千代銀行本店>工事現場に弾痕数カ所 11月にも 東京(毎日新聞)
コンクリ塊下敷き 男性死亡(産経新聞)
押尾被告に麻薬譲渡、泉田被告に懲役1年判決(読売新聞)

<スギヒラタケ>強い毒性、腎機能正常でも 高崎健康福祉大(毎日新聞)

 キノコのスギヒラタケを食べた腎障害の患者に04年秋、急性脳症が多発した問題で、このキノコの抽出物をラットに投与したところ、腎機能が正常でも運動量が大幅に低下することが、高崎健康福祉大(群馬県高崎市)の江口文陽教授(キノコ学)のチームの研究で分かった。厚生労働省は同年以降、食用を控えるよう呼び掛けており、江口教授も「腎機能に問題がなくても食べないで」と強調している。【江口一】

 研究成果は17日から宮崎市で開かれる日本木材学会で発表する。

 江口教授らは07〜09年に新潟、群馬両県で採取したスギヒラタケの抽出物を用い、腎機能が正常なラットや重症の腎障害ラットに1000ミリグラム投与して3時間観察し、生理食塩水を投与した場合と比べ、運動量を調べた。

 スギヒラタケの投与では、腎障害ラットは直後から運動量が低下し、約100分を過ぎるとほとんど動かなくなった。正常なラットは最後まで運動を続けたが、それでも生理食塩水を投与したラットに比べ運動量は約3分の2にとどまった。

 また、スギヒラタケの抽出物を軽症、中症、重症の腎障害のラットに投与して筋肉の状態などを調べたところ、重症のラットでは筋肉の細胞が大きく破壊されていることも判明した。

 江口教授は「筋肉の炎症を起こす強い毒性を持っていることは明らかだ」と指摘する。

 スギヒラタケを食べた人の急性脳症は、04年秋に新潟・山形両県などで初めて報告された。厚労省の調べでは、同年だけで少なくとも59人が発症し、17人が死亡したが、05年以降は激減した。

【関連ニュース】
<キノコの話題>大和ハウス:雪国まいたけと提携 海外でのキノコ生産目指す
<キノコの話題>安心・安全ナビ:キノコ採りシーズン到来。秋の山の注意点は?
<キノコの話題>キノコをおいしく、調理するコツは。
<キノコの話題>ショウロ:幻のキノコ、栽培に期待 鳥取大農学部など研究開発
<キノコの話題>食事のカロリーを減らすコツを教えて。

インフル、流行目安下回る=施設当たり患者数1人切る−感染研(時事通信)
私学補助金4分の1に=投資詐欺事件で減額−神奈川歯科大(時事通信)
山形新幹線が運転見合わせ 常磐道も一部通行止め 震度5弱地震(産経新聞)
<中村耕一容疑者>「1年ほど前から覚せい剤使用」と供述(毎日新聞)
<札幌ホーム火災>未明の惨事、誘導難しく(毎日新聞)

円高是正で対策必要=為替相場で国際協調も−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は12日の参院予算委員会で、現在の為替相場の水準について「必ずしも日本の経済や産業の力を反映しているとは思えない円高が生まれている」と指摘した。その上で、「そのような円高にはしっかりした対策を打つ必要がある」と語った。
 さらに、鳩山首相は経済実態を反映しない円高の是正に関し「固定相場制に戻る話はできないが、何らかの世界における協調というものを政治の中でも行う必要性がある」と述べ、為替相場の安定で国際協調が必要との認識を示した。舛添要一氏(自民)への答弁。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
鳩山首相、13日に奈良県入り
事業仕分けへの協力指示=鳩山首相
「政治とカネ」問題も言及=鳩山、小沢両氏例に

普天間県内移設に反対=沖縄県議会、防衛相に(時事通信)
大阪・堺で倉庫火災、2人けが(産経新聞)
<亀井郵政相>郵政見直し論議の密室批判に激高 参院予算委(毎日新聞)
<スカイマーク>機長交代不適切 国交省が会長らに厳重注意(毎日新聞)
石川県知事選 谷本氏V5でまたもや全国最多選(産経新聞)

氷河湖拡大、定説に風穴? 京大院生「温暖化」覆す故郷ネパール命がけ調査(産経新聞)

 ヒマラヤ山系にあるネパール最大の氷河湖で、地球温暖化により氷が解けて湖が拡大し、決壊する恐れが指摘されているイムジャ湖について、京都大学大学院生が独自に現地調査を実施。湖の拡大は温暖化ではなく、ほぼ一定方向に吹き続ける強風が氷河を砕き割ることが原因との新説を打ち立てた。院生はネパール生まれで、故郷の危機に役立とうと命がけで観測を行い、「他の氷河湖も同様の危機にさらされている可能性がある」と推察。専門家も「盲点だった」と評価しており、定説に風穴を開ける可能性もある。

 調査を行ったのは、同大学院工学研究科の大泉伝(つたお)さん(29)。両親の仕事の都合でネパールで生まれ、幼少期を過ごした。

 都市環境工学を専攻し、気温の変動で起こる災害などを研究するうちに、イムジャ湖が決壊し、下流域が大洪水になる危機にさらされていることを不安視。「氷河が崩れる仕組みを調べて事前に防ぎ、故郷を守りたい」と思いをつのらせ、昨年10月に現地で単独の観測調査を実施した。

 氷河湖の拡大は、地球温暖化の影響で氷が解け、水量が増えるのが原因というのがこれまでの定説。大泉さんも当初、この説を裏付けるため、土が堆積(たいせき)した氷河の温度を調べた。ところが、土の下の氷河は定温に保たれ、周辺気温の上昇が融解の原因とは考えにくいことが判明。大泉さんは別の原因について考えた。

 そこで着目したのが、湖面に浮かぶ幅1〜4メートルにおよぶ多数の氷塊と、湖岸に吹きすさぶ強風との因果関係。湖岸の氷河の表面に数カ所にわたり、砂漠で風化した岩のような大きなひびが入っていることがヒントとなった。

 風速や風向き、気温などのデータを、5分間隔で約100時間にわたって観測。その結果、昼間に気温が上がると上昇気流が発生して南西方向の風が強まり、主に北東側の氷河を直撃し、風化で氷河を砕き割るという仮説にたどり着いた。

 イムジャ湖はエベレスト山麓(さんろく)の標高約5千メートルの地にある。近くには高山病による死者が多発する危険地帯もあり、過酷な環境下で、観測は困難を極めた。大泉さん自身も滞在中に原因不明のぜんそくを患ったが、故郷への思いと研究者としての責任感から調査をまっとうした。

 今回の研究成果について、京大防災研究所の山敷庸亮准教授は「風が氷河湖拡大の原因になるという説は盲点で、新たな視点。世界の科学者に議論してもらいたい」と評価。大泉さんは「補強壁の導入など、新説が拡大防止に役立つきっかけになれば」と期待を寄せている。

                   ◇

【用語解説】氷河湖

 太古の氷河期に成長した氷河が解けて形成される湖。ヒマラヤ山系では、イムジャ湖のほかにも多くの氷河湖がある。貯水量が過度に増えて決壊すると激しい土石流を伴う洪水が起こり、下流域に甚大な被害をもたらす恐れがある。イムジャ湖は年々拡大しており、最も危険性が高い湖の一つとして警戒されている。

【関連記事】
ネパール、エベレストで閣議 氷河融解に警鐘
エベレストで閣議開催へ ネパール、温暖化に警鐘
恐竜絶滅の原因は天体衝突 国際研究で裏付け
「丹波竜」発掘調査で恐竜の卵の殻?を発見 兵庫・丹波市
恐竜の「色」分かった 英科学誌に発表
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

座礁 フェリー、荒波で崩落 三重・熊野灘(毎日新聞)
<普天間>移設先「ゼロベースで」 鳩山首相、改めて強調(毎日新聞)
東京大空襲 65年、遺族「最後の節目の日になるかも…」(毎日新聞)
ダチョウ卵の殻に幾何学模様=6万年前、水筒に利用か−南ア(時事通信)
厚年基金・健保記録で年金回復へ=新たな基準案検討−厚労相直属委(時事通信)

原発利用を明記=温暖化対策法案に−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は6日午後、政府が今国会に提出する予定の地球温暖化対策基本法案に関し、「原子力は、地球環境を守る、CO2(二酸化炭素)を減らすためには欠くことのできないエネルギーだと理解しているから、基本法の中でも位置付けていきたい」と述べ、原子力発電所の利用を明記する意向を示した。都内で記者団に語った。
 同法案については、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が「地球温暖化(問題の解決)のために原発を推進するというのは(考え方が)違う」と、「原発」の明記に反対する考えを示している。首相が法案に盛り込む方針を打ち出したことで、この問題でも閣内の足並みの乱れが露呈した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜

小林氏の議員辞職要求=「政治とカネ」を徹底追及−自民幹事長(時事通信)
TVで間取り紹介直後…人気洋菓子店「マダムシンコ」会長宅に空き巣、3億円被害(産経新聞)
7年前の松原放火、供述 神奈川 無銭飲食で出頭の男(産経新聞)
予算案、今夜衆院通過へ=委員会で可決(時事通信)
群馬・伊勢崎で民家火災、家族4人が不明(読売新聞)

医療チーム、派遣見送り チリがキャンセル(産経新聞)

 政府は2日、チリ巨大地震に対する国際緊急援助隊医療チームの派遣を見合わせることを決めた。チリ政府が外交ルートを通じ、派遣隊受け入れを断ってきたためで、チャーター機を用意して2日に現地に向かう予定だった医療チーム約20人は急遽(きゅうきょ)出発を見送った。

 外務省によると、チリ政府から日本のチリ駐在大使に「チリは海外からの医療チーム派遣をお断りしている。キャンセルしてもらいたい」と要請があり、2日早朝に報告を受けた岡田克也外相が医療チームの派遣見合わせを決定した。

 1日夜に日本を出発した外務省職員や医師ら先遣隊3人は、予定通りチリに入り、現地で調査を行う。

 一方、外務省は在留邦人について、震源地近くのコンセプシオンの33人のうち32人の無事を確認、残る1人の安否確認を急いでいる。

【関連記事】
チリ大地震の死者795人 クリントン米長官が訪問
養殖いかだ切断、漂流… チリ地震で漁業被害拡大に懸念
津波予測の「謝罪」で国交相と防災担当相に見解の相違
中井防災相、津波警報下の東京マラソン開催に疑問
街路に横たわる大型漁船 「10メートルの津波」と住民 チリ大地震

大阪の十数台当て逃げ、容疑で男逮捕(産経新聞)
はしかワクチン、接種低迷=新型インフル余波か−09年患者激減、「排除」へ正念場(時事通信)
マックとロイホ、全席禁煙で儲かる!? 全国初、神奈川・受動喫煙防止条例の余波(産経新聞)
女性“おじさん化”4割超が自覚 仕事のストレスで肌荒れ悪化(産経新聞)
条項削除、前提にせず=教員の罰則適用検討で−川端文科相(時事通信)

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化 比較
借金整理
クレジットカード現金化 比較
出会いランキング
探偵
selected entries
archives
recent comment
  • 福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
    ふにゃバット (06/04)
  • 福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
    志波康之 (01/14)
  • 福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
    ガトリング白銀 (01/08)
  • 福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
    ソルバルウ (01/02)
  • 福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
    タンやオ (12/28)
  • 福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
    まろまゆ (12/19)
  • 福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
    モグモグ (12/16)
  • 福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
    夜沢課長 (12/07)
  • 福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
    ちんたまん (12/03)
  • 福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」(産経新聞)
    機関棒 (11/24)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM